ホワイトニング歯磨き粉の賢い選び方

6d9766ede0d7a2e1f94a6850d0aeed2c_s
お口のコンプレックスを抱えている方は本当にたくさんいます。

その中でも特に多いのが、歯の「ヤニ」や「黄ばみ」に関する悩みです。

 

以前までは歯科医院に行かなければホワイトニングを行う事はできませんでしたが、ここ5年くらいの間に次々と一般の人が扱えるホワイトニング製品が出現し、今では歯科医院でのホワイトニングにも劣らない性能を持つものが出てきました!

 

しかし、自分に合っていない製品を選んでしまうといつまでも効果が出ないばかりか、逆の効果を引き起こす可能性もあります

 

このサイトでは、ホワイトニング歯磨き粉に関する基礎知識から正しい製品の選び方などを解説していきますので、是非ご参考にしてください。

 

 

注目の成分『ポリリン酸』入りの歯磨き粉で選ぶなら

ポリリン酸は古くから知られている成分ですが、ホワイトニングの効果がある事が分かったのは最近の事です。

また、歯肉炎や歯周病の予防にも効果がある事が続々と分かってきている成分である事から、ホワイトニング歯磨き粉業界で今、もっとも注目されています。

 

ポリリン酸を配合した歯磨き粉には次の8つの製品があります。
  • 薬用パールホワイトプロシャイン(詳細
  • はははのは(詳細
  • ポリリンオーラルケアシリーズ(詳細
  • ブラニカ(詳細
  • パールホワイトPROEXプラス(詳細
  • 薬用PGホワイトニングPro(詳細
  • ポリリンキューブ(詳細
  • ティースドロップ(詳細
 

 

その他の成分で選ぶなら

ポリリン酸以外にもホワイトニングに効果的な成分はたくさんあります。

様々なシチュエーションから自分に合ったものを見つけてください。

 

オーガニック成分で選ぶ場合

オーガニック成分を使ってホワイトニングをしたい場合は、次の2つの製品から選ぶと良いです。
  • はははのは(詳細
  • なた豆塩歯磨き(詳細
この2つの製品を比較した記事はこちらを参考にして下さいね!

 

その他の成分で選ぶ場合

その他の成分としては、マクロゴールやメタリン酸、リンゴ酸などがあります。

それぞれ長所・短所がありますので、こちらを参考にして下さい。
  • 薬用オーラパール(詳細
  • 薬用ちゅらトゥースホワイトニング(詳細
  • ビースマイル トゥースホワイトニング(詳細
  • レディホワイト(詳細
  • トゥースMDホワイトEX(詳細
  • ビーグレンデンタル(詳細
  • 薬用PGホワイトニングPro(詳細
 

 

歯科医院で行っているホワイトニングを同じホワイトニングをしたい場合

歯科医院で処方される様なマウスピースとホワイトニングジェルを使った方法を選びたい場合はこちらがオススメです。

今のところ、歯科医院で使っている成分と同じ成分を扱った商品はこれしかありません。

 
  • ビーグレンデンタル(詳細